看護師の求人状況

看護師の求人状況

看護師不足は常態化しており、その需要はますます大きくなってきています。2008年より診療科における表記の仕方が変わり、内科だとか外科だとかの分類の仕方から、胸部や頭部などの部位別の分類やガン、感染症などの疾患・症状名による分類、新生児や小児など患者の特性による分類、診療、形成、薬物療法など処置法による分類に変更されました。

これまでと違って、より専門的になり細分化されたことでさらに高い知識や技術力が求められています。当然、高度化された医療に対してのスキルアップが求められ、それらに対応できる人材要求が急増しています。さらに、高齢化社会の伸展により、高齢者医療や介護医療の伸びに合わせて高齢者をケアできる人材が求められていることから、この方面の就業機会もかなり多くなり、求人は高まっていくといわれています。

平成18年の診療報酬改定で「7対1看護配置」が新設され、入院患者7名につき常在看護師1名以上の配置という手厚い看護体制が求められ、医療の高度化や安全確保に対応した看護が必要となりました。このため、大きな病院や大学病院などは看護師の数を揃えなければならず、求人活動はさらに激化しています。「7対1看護配置」をクリアするために、一部病棟を閉鎖して病床数を減らすなどして対策を取った中規模の病院や地方の病院もあります。


Comments are closed.